【最新版】デート・ア・ライブの人気の秘訣とは!?作者は何者??五河琴里が可愛い!!最終巻はいつ!?調べてみました!

 

 

この記事を書いている今現在、私はアニメ1期までしか自分は見ておりませんが橘公司による大人気タイトルデート・ア・ライブについてお伝えしていきたいと思います!

 

2019年1月からアニメ3期の放送も開始されるデート・ア・ライブが人気である秘訣とは……?デート・ア・ライブ恋人は?デート・ア・ライブ年収は?様々な秘密を暴露していこうと思います!

 

【目次】

 

 

デート・ア・ライブ』のプロフィール

原作者:橘公司(たちばな こうし、1986年-)

イラスト:つなこ(1986年1月28日-)

刊行巻数:既刊19巻+アンコール8巻

レーベル:富士見ファンタジア文庫

 f:id:lilyum:20190112010140j:plain

 

 既刊とアンコール合わせてなんと27冊も原作小説が出てるんですね!多い~!流石人気作品ですね!

 

 

 

 

デート・ア・ライブ』のあらすじ

 四月一〇日ーー

少年は、世界から否定される少女と出会った。

機能で春休みが終わり、今日から学校という朝。

可愛い妹に起こされ、五河士道は今日もいつも通りに日常が始まると思っていた。

精霊と呼ばれる少女と出会うまではーー。

突然の衝撃はとともに、跡形もなく、なくなった町並み。

クレーターになった街の一角の、中心にその少女はいた。

「ーーおまえも、しにたんだろう?」

世界を殺す災厄、正体不明の怪物と、世界から否定される少女を止める方法は二つ。

殲滅か、対話

軍服に身を包んだ妹・琴里は士道に言う。

 

「誰もあなたに倒せなんて、言ってないでしょ。

デートして精霊をデレさせなさい!

そのために私達組織がいるんだからさ」

 

「…………はい?」

 

 

 

 

 

 とっても面白そうなあらすじですね!

 

 

 

 

デート・ア・ライブ』のここが面白い!

 

アニメ冒頭でが飛び蹴りとかいう最悪の方法で兄を起こしに来る作品は名作。もうここだけで最高!!

f:id:lilyum:20190111230921p:plain

 

f:id:lilyum:20190111230845p:plain

これは五河琴里、僕の!!

俺はお前の事が好きだしお前は俺の事が好き。

 

f:id:lilyum:20190111230904p:plain

意味のないパンチラカット!

もうスタート5分でしんどいノリ、最高!絶叫しながら見てた。

 

過去に"デートで精霊をデレさせて世界を救う"をいうあらすじを見たことはあったのですが、ラノベの表紙のキャラクターが武装をしているものばかりだったので、ISみたいな感じのバトル系ラブコメだろうなと勝手に思ってました。

ところが内容はあらすじ文字通りそのまま、マジでデートでどうにかしようとしてる。このアニメ、すんげぇ~~~~~。

f:id:lilyum:20190112004838p:plain

精霊と遭遇した主人公に妹率いるラタトスクがギャルゲーを模したソフトで精霊との会話を主人公に指示するとかいうとんでも設定。

 

 

f:id:lilyum:20190112004101p:plain

何より一番驚いたのが、この篠ノ之箒を彷彿とさせる夜刀神十香というキャラ、ずっと渋谷凛バリのツンデレかしこガールかと思ってたのにIQ3ぐらいの思考能力しか持ち合わせないおバカちゃんキャラだった事。

 

「デ~ト!デ~ト!デ~ト!デ~ト!デ~ト!」

 

とデートするのを主人公にねだり始めた時はもう共感性羞恥ヤバすぎて転がってしてしまった。

もはやアホの子過ぎて愛おしい、すき。

 

f:id:lilyum:20190112005543p:plain

ビジュアル一番好みだった時崎狂三たむは口調と声があまり好みに合わず敗退、今後これがクセになってくるかどうかという感じですかね。いうて可愛い。

 

 鳶一折紙もまぁ可愛い、結構好き。(画像省略)

 

 割と近年流行りのスマホ太郎並のノリを感じますね、原作なろうか(?)

 

 

どのキャラが一番可愛い?

何よりこの作品、五河琴里が可愛すぎる、冒頭でアホの子かと思わせてからのテンプレツンデレ赤髪ツインテール

f:id:lilyum:20190112012655p:plain

みんなは知らないかもしれないけど僕はツインテールが大好物、給食に出たときなんて必ずお代わりをしていました。

テンプレ高飛車ツンデレ赤髪ツインテールお兄ちゃん呼び妹、ちゅち~♡

 

 

 

 

デート・ア・ライブ』三期はどの当たりの話まで?

 

原作読んでないんだから知るかボケがよ

 

 

 

 

まとめ

 

ここまでの記事、いかがでしたでしょうか?

 

対して話題になってない旬を過ぎたアニメを見て一人で絶叫しまくるのが趣味なのに、三期がドンピシャで始まって(知らなかった)複雑な気分でした。とりあえず今一期を見終わったので二期を一気に見て今放送中の三期に追いつきたいと思います。

 

デート・ア・ライブ、ヤバいので皆さん見たほうが良いですよ!

この記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

それでは皆さんさようなら~。

 

 

飲食店と水

外食をするにあたって個人的な評価ポイントが3つあります。    

 

・美味しい(大前提)

・並ばない

・水が美味しい

 

この三点、上から順に重要。  

 

三点目の水が美味しいかどうかはそこまで重要視してる訳ではないけれど、単純に水が美味しいと嬉しい、という話。

 

 

中でもこないだ行ったさわやか御殿場店は凄かった、オタクも椅子から転がり落ちてブログの記事にしようとする程。  

 

 一体何が凄かったかというと、水のおかわりを提供してくる速度が異常。一口飲んだだけですぐ水を足してくる、店員さんはツッコミ待ちなのかと思った。全然水減ってないのに「お注ぎ致しましょうか?」。

水はキンキンに冷えてて美味しかった。

 

f:id:lilyum:20181221134910j:plain 

これを何度も繰り返した挙句、最後には注いだ直後、30秒と経たず新しい水を持った別の店員さんが現れてグラスごと交換していく始末。

 

注がれてから口すら付けてないのに回収される水、もはやなす術なく見届けただけ。     どうやら跳ねた肉汁が入ってしまった水を交換して、食後には綺麗な水を飲んで貰いたいとの事、成る程。

 

しかし後々グラスごと交換するならそんな頻繁に水注がなくても良かったのでは……。    

もう異常過ぎて笑いを堪えてた、何がそこまで従業員を駆り立ててたんだ。

 

以上、さわやか御殿場店の水に対する情熱が凄かったというお話。

 

ちなみにこの対応が、全店員共通ものなのか、テーブルを担当してくれていた店員さんによるものなのかは、そんなに御殿場店行かない自分にとっては一生の謎になるかと思います……だって並びが異常なので長泉店まで行っちゃいます。  

 

 

 

ちなみにこれの真逆を行くのが三田二郎本店、もはやこちらが本題。 

何が凄いってデフォで脂ぎった水道水しか出てこない。

アフリカの恵まれない子供ですらもっと綺麗な水飲んでる。

 

週3~5で三田二郎通ってるけど水が美味しいと感じた事は一度もない、もはや飲食店として異常。

f:id:lilyum:20181221135031j:plain

他の二郎は基本的にウォーターサーバーあるというのになぜ本店だけ水道水なん。

 

それだけならまだしもグラスが油まみれだし、二郎食べ過ぎておかしくなってるんでしょうか。サーバー設置するかグラスを綺麗に洗うかして欲しいもの。

まぁそういうの気にする人用の外にある自販機なんだろうけど。

ちなみにラーメンは美味しいですよ、心が乱れまくってるからか味の乱れが酷いけど。 

 

いうてラーメンより水の方が美味しい店よりは100000倍マシですかね、そういう店結構あるけど。 

逆に水を不味く出す方が難しいよ、もはや凄い。  

 

なんか水の画像しか貼ってなくて寂しいのでうぐぅの画像を貼っておきます。

 

f:id:lilyum:20181221135138j:plain

 

おわり。

乃木坂春香の秘密とオタク

f:id:lilyum:20181207102825p:plain


 乃木坂春香の秘密と言えば連載当時から電撃文庫MAGAZINやらアニメ雑誌やらの表紙を飾る事が多く、オタクショップに足を運ぶと目にする事が多い作品。

 

 なので存在だけは太古の昔から知っていた訳ですが、当時の自分はどうもイラストに苦手意識があったのか作品に触れようとすることがなく、乃木坂春香の""秘密""がどんな秘密であるのか知らずにここまで人生を歩んできました。

 

 二十数年生きて、ここ最近になり懐古の心がいよいよ強くなってきてしまった我々は、遂に乃木坂春香の秘密を解き明かす為dアニメストアへ潜入するに至ったーー。2018年12月5日22:52、『乃木坂春香の秘密』第1話 「もう、だめです…」視聴開始________dアニメストア万歳。

 

f:id:lilyum:20181207102914p:plain

 

 冒頭5分と経たずに乃木坂春香の秘密がオタクである事を匂わせる描写が出てきて「こんな冒頭で""秘密""が分かるなんて!!」と、思わず絶叫。長年このタイトルを見かける度に「何が秘密なん?」と苦悩していたのは一体何だったのか。一話だけでも見ておけばよかった。

 

 

 

 この記事は今現在3話まで見終わり、4話を見ながら書いているのですが、乃木坂春香の秘密、最高……!!!!(とても浅い)

 なろう原作アニメばかりが流行る昨今、この作品には郷愁を覚える設定があまりに多すぎて脳汁の放出がとんでもないことになってます。マジでなんで今まで見てなかったんだ。

 

 まず、作品の冒頭で描かれる、主人公の部屋に大人の女性が二人入り浸って主人公に懐いているこの描写、既にここでもう最高になっちゃった。こういうの最近見ない気がしますね、似たような雰囲気のシーンはエヴァミサトさんぐらいしか思いつかなかった。もしありましたら自分が浅いだけなので誰か教えてください。

 

f:id:lilyum:20181207091528p:plain

 

 

 

 

 

 次に妹について。千歳佐奈という妹が自分にはいるのですが、第3話 「おしまいです…」で登場した乃木坂春香の妹の乃木坂美夏たむ、妹の佐奈に声がどことなく似ている上に妹属性キャラなのホンマにええな……。俺はお前の事が好きだしお前は俺の事が好き。

 そういえば後藤麻衣さんの数少ないアニメ代表作だったのをキャラが出て来るまで完全に忘れてました。メインヒロインが激カワなのに妹まで可愛くていいのか……この作品は声優が豪華過ぎて耳が幸せ。

 

f:id:lilyum:20181207101145p:plain



 

 メインヒロインの乃木坂春香についてですが、あ~~~~まりにも落ちるのが早い。ジワジワ距離を縮める奥手ヒロイン系の物語だと思ったら落ちるのが秒、オタクがバレて受け入れられたら即落ち。陵辱系のえっちなゲームもビックリの速さ。

 ただ自分はしゅきしゅきビームビシビシなヒロインがだいしゅき(いつ天のサイトヒメア等)なので視聴、開始、即、乃木坂春香たむ……しゅち♡

f:id:lilyum:20181207115104p:plain

 

 

 

 

 

 さて、この作品はヒロインが隠れオタクであるという設定上、世間一般のオタクに対する偏見というのが色強く描かれているのですが、これを今見ると時代の変化を感じられて興味深いです。作品内でオタクのことを"アキバ系"とよく呼称しているのですが、それを聞く度に色々考えさせられます。

 

 例えば2010年の俺妹(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)も隠れオタクヒロインの話ですが、ヒロインの桐乃はオタクである自分に胸を張っていて、春香のような世間の目を気にし過ぎて謙虚になってしまうオタク像からは大分変化してます。


 紅白やらなんやらのメディアにアニソン歌手がポンポン出てきてしまうぐらいオタクアニメが普通になった今、ここまでオタクが虐げる風潮/その様な描写は減る一方であるように思われます。


 オタクという存在がここ10年で大分世間一般に受け入れられるようになってきたという事ですかね。オタクがキモい存在であるのは何時になっても変わらないのに、この変質を勘違いしてオタクら市民権をはしゃぐオタクが増えているのを見ると本当に喜ばしいものなのかという感じですが。ただ昔のオタクはもっと謙虚だったというのは、それはそれで神格化し過ぎかな、とも思います。今後世間のオタクに対する扱いがどの様に変化するのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 最後にこれは完全に個人的ポイントなんですけどOPのここの乃木坂春香たむが萌え指数高すぎてヤバ。

 

 

も、萌へ~~~~~~~~~~~~~!!!!

 

 

もはやこれが伝えたかっただけ、もうすぐクリスマスだし。


~おしまい~

 

f:id:lilyum:20181207094419p:plain

 

 

 PS:アニメ見終わったらまた感想書くかも分かりません。